あたしが夢中になったのはヴィジュアル関わりバンドの後手でした

学生時代、あたしが熱中になったのはヴィジュアル繋がりバンドのオタクでした。とあるヴィジュアル繋がりバンドの大信者で、周囲のライブハウスで現状があればとにかく行っていました。ただし、こういうバンドは観光としておんなじ据置便覧で現状をすることが無く、各地にて違う据置便覧での現状を通していたのです。それを知ってからは周囲だけでは物足りなくなってしまい、隣席の県内、そのまた隣席の県内と足を伸ばして現状に通うようになりました。後で現状で顔を合わせる同士も行え、一緒に色んな地面へ遠征することを約束したのです。両親からの仕送りで教え子生活を送っていましたが、日雇いや毎日のコストダウンで遠征料金を貯め、極力安く行ける乗り物を調べ、観光全部の現状に行く「全通」するためには何も苦にならなかったことを覚えています。観光があるたびに全通していたので、バンドのメンバーにも風貌を覚えてもらえたり楽しいことだらけで充実していました。さんざん熱中になれたのは、後にも先にもこういう時だけだろうと思います。http://www.centralitycomm.com/