いつも意識をする事を心掛けて成長してきたという思い込みはわたしにはあります。

ぐっすり、父親や周りに「うまいね」と言われることがあります。
それは、”他人との区間の取り方”だ。
ざっくり言ってしまえば、”交流”なのでしょう。
ただ、ボク、たいして他人に興味がないんです。
他人に興味がないという自覚しているのに、他人から見れば「交流が美味い」とか「隔たりがちょうどいいね」とか言われるのは
正に、不思議な感じではあるのですが、別に気を付けていらっしゃるという事を与えるとするならば
”空気を読む”って定義辺りなんですがね。
コイツばかりは、その人の持ってる認識とか、そういったものが得てして生まれるんだは思うんですが、
ずっと意識をする事を心掛けて成長してきたという認識はボクにはあります。
小さい頃はそれで者を傷つけたり、嫌な思いをさせたような認識があったので、自然にアシストしようと思って、
意識的にその場の空気を読むようになりました。
案の定人それぞれで、人付き合い系統にどんどん来てほしい者という、そうでない者っていうのは、ある。
それをワードにしなくても意識的に察知して、
者との隔たりを保つことができてるんだと思います。
自分で指してることが他人に評価されるはこういう事でも、良い気分ですね。全身脱毛 大阪