田舎の中学だったので校則諤々、髪はショート、あなたおんなじ靴に手提げ袋

こちらがハイスクール時代に夢中になったこと。
それは盛装だ。
田舎の中学生だったので校則ごわごわ、髪はショート、全部おんなじ靴に荷。
私服だって近くには衣服を貰う店先もなく買いに行くにも隣席通りまで行かなくてはいけないという有様でした。
それがハイスクールに入学するといった、そこはかなり自由な校風で、ひとまず制服はあるものの靴もカバンもフリーだ。
コートというスカートさえ着ていればあとは何を身につけてもかわいらしく、全部思い思いの身だしなみを楽しんでいます。
同級生たちの中には全くオシャレなコもいて、田舎くさい自分がイヤで私もやにわに盛装心に火がつきました。
ゼミナール帰りにの流れにはストアーが立ち並び、当時はデザイナーズブランドが人気で、オシャレなスタッフが何かと勧めていただける。
あの時分はファストファッションもなく衣服はかなり大きい売り物でした。
組み合わせマガジンを読み漁り、非常勤を通して代金を貯めて、一律組み合わせにつぎ込んでいました。
とはいえ盛装新人なので今思い返すと、センスのない服装を通していたと思います。
けれどもとにかく最新の組み合わせをするのが楽しくて仕方ありませんでした。
今でも盛装は好きですが、あの時分が一番夢中でしたね。http://www.upsidcltd.com/